渓流釣り 鮎釣り 釣り大会 下呂温泉 益田川漁業協同組合

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
トピックス川ナビアユ釣りエサ釣りルアー・フライ掲示板
 >> トップページ >> 益田川のご案内 >> 釣り方 >> あゆ釣り方
前に戻る <<
Contents
  鮎釣りのしかた
鮎釣りの基本的な方法をご紹介いたします。
  釣り方
サオは最初からあまり長いものは購入しないほうが良い。
最長でも9.5mくらいにとどめ、おとりを誘導したり取り込むことに慣れてから長いものに変えていくのが良い。
天井糸は編み付けで長さが変えられると良く、市販されているが、手に入らなければ直結でもかまわない。
目印は等間隔に3〜4個つけるがもちろんこれが水につかることがない位置に取り付けること。
中ハリスは1.5号でもちろんハナカンを遊動式にしておとりのサイズにあわせて長さを決める。
ハナカンはワンタッチのものが使い易く、素早く装着できるのでおすすめだ。
ハナカンをつける際はまず手を水につけて冷たくする、おとりを網へ入れたら、決してアユを強く握ったりしないよう、包み込むようにしてあゆの両目を覆い隠すように持つとおとなしくなる。
ハナカンを通すときは初心者によく見られるが、ハナカンのカーブに合わせてひねるように通そうとするとうまくいかない。
ハナカンのカーブを気にせず直線的に通すように動かすとすんなりとおります。
力がいることは決してないので、入っていかない場合は決して無理をしないこと・・・やっとの思いでハナカンを通したのにいざ放したらアユが弱って横になってしまった・・・なんてことにならないように。
中はハリスもハナカンから逆バリまで作成済みのものが市販されているのでそれを用いても良い。
ハリスも取替え可能・長さ調節可能にしておく。
イカリは3〜4本イカリを数本予備を持ち、最初に取り付けたとき・石を擦ったような感触があった時には必ず爪に当ててみて引っかかるかどうかをチェックし、ダメなときは砥石で研ぐか交換すること。
さて、準備ができたら実際に釣ってみよう。
初心者の方は最初から水に立ちこまないこと。
そしてあまり速い流れを選ばないことをおすすめする。
腰に網だけをさしておき、サオを立てておとりを放す。
しかけをゆるめないよう、強く引きすぎないよう、サオをゆっくりと前方に倒していくと、おとりは対岸へ向かって泳ぎだす。
ここぞと思ったポイントへうまく誘導できたらしめたものだ!
アユ同士の喧嘩が始まると、その感触がダイレクトに手に伝わってくる・・・うまくいけばドーンという感触とともにサオをもっていかれるだろう・・・時にはいきなりドーンとくることもある・・・アユがかかるとどんどん下流へ持っていかれるのが普通だ。
あわてずにゆっくりとした流れ、つまり自分の立っている下流に誘導し、徐々にサオを立てて手前に引き寄せる。
状況によっては当然自分から近寄らなければならない場合もある。
肝心なのはかかったら決してサオをねかせないことです。
足元まで寄ってきたところで初めて網を腰から抜き、掛かりアユが網の真中にくるよう、こぼさないようにすくい取ります。
やっとこれで一匹釣れた訳ですが元気な掛かりアユに素早く交換しましょう。
まず、網に入れた掛かりアユの針をはずしてやり、おとりをつかんでハナカンをはずし、すぐに掛かりアユにハナカンをつけます。
次に自由になったおとりをアユ缶(船)に移し、新しいおとりのイカリをチェック、OKならば逆バリを打って再挑戦です。
アユ釣りは理論よりも実践です。
ここでいま覚えたことも、現場でアユがかかったりするとそれどころではなくなってしまう方もいらっしゃるでしょう。
アユ釣りは難しいから面白いのです。
決してあわてずあせらず楽しみながら釣技を磨きましょう。
  ポイント
私はアユ釣りのプロではありませんが、益田川のアユを存分に楽しんでいる一人です。
どこの河川でもありうる現象でしょうけど、アユは川のコンディションにとても左右される繊細な魚なので、釣果もかなり川のコンディションに左右されます。
そして、当然「オトリ」の良し悪しが非常に重要です。
ですから私の持論では川の流れがグッドコンディションであり、天然でイキのいいオトリがあれば結果は非常に期待できます。
オトリが勝手に良いポイントへ勢いよく泳いで行き、労せずしてかけてきてくれます。
誰でも一匹掛かったとたんに立て続けに何匹もかかり、休むヒマもない・・・なんてことを少しは経験しているのではないでしょうか?
一匹掛かったら、できるだけ早く寄せて掛かったアユを良く見てみてください・・・背びれを荒々しく立て、全身が強い黄色に染まっているはずです。
これがアユが怒っている状態!
この状態のうちに素早くオトリを交換して流れに戻してやる・・・これが最も重要なこと・・・と思っています。
しかし、最近はこの「怒ったアユ」がめっきり少なくなってきたことは残念です。
さて、お勧めポイントですが、このサイトの川ナビでも紹介されえている通り、上村堰堤付近、ここはおそらく益田側本流で最高の釣果を上げる場所でしょう。
大石が点在し、水深もあり水流も強く非常にアユにとってコンディションの良いポイントといえます。
当然いつでも混雑しています。

そして最下流部の中山橋付近、大石は少ないのですが、水深があり水底に水ゴケのつきやすい石がたくさん沈んでいるためたくさんのアユがいます。
そして何よりここのアユはでかい!
私の最高記録は29センチですが、30センチ以上は良くあがっています。
29センチでも上げた人ならお分かりだと思いますが、何度も何度もサオをのされそうになります。
この醍醐味を味わいたい方は是非下流部へお越しください。
ここも土日は非常に混雑する場合があります。

支流の小坂川や竹原川は水もきれいで川幅もあまりないため、サイズはそこそこですが、人も少なく(といっても多少混んではいる)落ち着いてアユ釣りを楽しむ人向けでしょうか?
同じ益田川の流れですが、本流と支流ではアユの香り・味が違いますよ。

近年のダム開発で、ちょっとした雨では川底が洗われるようなことがなくなり、きれいな岩に新しい水ゴケがついて、アユたちの新たな縄張り争いが起きるというような循環が発生しにくくなっています。
あまりに川底が汚く、アユが掛からないためにその日の釣りをあきらめ、友人と2人でウェットスーツで潜り、タワシで川底を掃除した人がいました。
前日その人が川底を洗ったポイントで、その方にお会いしたのですが、ナント!よく掛かるのです・・・それもその場所ばかりで・・・

漁協さんをはじめ皆さんの努力によって益田川は着実に良い方向に向かっていると思います。
川はみんなの財産であると共に子供たちに受け継ぐものです。マナーを守って川をきれいに・・・空き缶やごみを放置しないようにしましょう。
お勧めポイントの記事からちょっと外れてしまいましたがご了承ください。
アユ釣りのポイントはこちら

HOME
ライブカメラ
トピックス
お知らせ
メルマガ
管理人より
益田川のようす
管理人より皆様へ
川ナビ
使い方
川ナビへゴー!
益田川のご案内
アクセス
楽しみ方
釣り方
イベント
入漁券の購入
天気と道路状況
マナー
漁協について
放流事業
養殖事業
組合事務所
お問い合わせ
個人情報保護方針
サイトマップ
リンク

 >> トップページ >> 益田川のご案内 >> 釣り方 >> あゆ釣り方
前に戻る <<
↑ページの先頭へ
岐阜県の益田川は、鮎釣り大会をはじめ、渓流釣り・ルアー・フライなど多彩な釣りを楽しむことができます。
このサイトは鮎釣りや渓流釣り・ルアー・フライなど各種釣り場やポイントをご案内する地図をGooglemapによってご提供、
また解禁や各種大会もご案内する益田川の総合釣りステーションです。
益田川漁業協同組合
〒509-2506 岐阜県下呂市萩原町羽根2700-25
TEL 0576-52-1035 FAX 0576-52-3733
益田川は下呂温泉の周辺を流れる河川です。
下呂温泉 旅館下呂温泉 温泉街下呂温泉 湯之島館下呂温泉 観光
メール 集客メール連絡網茶 通販岐阜県 道の駅下呂温泉 源泉かけ流しのお宿ホームページ制作会社 岐阜県
Copyright ©2006 Mashitagawa All rights reserved.Visited.