top of page

鮎二次放流完了 2023.07.31

本日、岐阜県センター産の鮎を竹原、小坂、萩原の友釣り専用区で1番釣り人が入っているところを中心に435キロ放流しました。

しばらくは小さな養殖っぽい鮎が掛かるかもしれませんが、1週間くらい石垢を食べると益田川の味の鮎になると思います。宜しくお願いします。

萩原では旧ケーズデンキ下、南飛アスコン下が人気で、釣果も上がってきました。

小坂や大洞川も良く釣れています。

閲覧数:409回

最新記事

すべて表示

9月に予定している大アマゴの放流は養殖場の水温の関係で、1日の放流は難しいとの理由で、8日から開始しますのでよろしくお願いします。

bottom of page